2011年 05月 30日
立てば芍薬
c0197824_8471550.jpg

写真はクリックで拡大できます。
こちらでも何度か紹介してきたが、古来より美人のたとえとして「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」という言葉がある。

この3つの花はいづれも5月から6月にかけて咲く花だ。
最初に牡丹が咲き、牡丹が咲き終わるのを待つようにして芍薬が花を広げる。そして百合は高い丘の上からそれらの様子を見守って梅雨の雨の中そっと花を開くのだ。

一見すると似たような花の牡丹と芍薬ではあるが、牡丹は「木」であり芍薬は「草」であるという大きな違いがある。

個人的には派手過ぎな牡丹よりも立ち姿の美しい芍薬のほうに惹かれてしまう。
「立てば芍薬・・・」 あぁ、なるほど。やっぱり芍薬は立ち姿が美しいのだ。


c0197824_20532192.gif
[PR]

by sma5004 | 2011-05-30 08:25 | | Comments(6)
Commented by cotomi at 2011-05-30 18:20 x
牡丹は木だったのか!はじめて知りましたよ。
まんまるでかわいいですねぇ。
長森はうちのDrのお気に入りですね。
いいところみつけましたね!
とこまるさんどんどん魚沼に浸ってくだされ~。
「たかあぜ」さんもおすすめです(*´∇`*)
ワタシの保育所の先生夫婦が蕎麦打ってます♪
Commented by yumiko-shiba at 2011-05-30 21:32
私も知らなかった・・・牡丹て木だったんですね・・
一つ勉強になりました 〆(._.)メモメモ

日本語ってほんとに美しいですよね
もののたとえもなんて粋なんでしょう
時代が変わってもなお納得できる
それって素晴しいことだと思います♪

いつの世も 美しい大和撫子 永遠ですね
Commented by sma5004 at 2011-05-31 09:17
cotomiさん、こんにちは。

蕎麦の好みは人それぞれでしょうけど、私はここの十割蕎麦がとても気に入りました。
もっと近ければ毎週でも食べに行くのに。。残念。
南魚沼はお米も美味しいし、蕎麦も旨いし、酒も最高ってことで大好きになりました。
ご紹介頂いた「たかあぜ」さんも是非食べに行ってみたいと思います。(^^)
Commented by sma5004 at 2011-05-31 09:31
yumiko-shibaさん、こんにちは。

日本語って奥が深いですよね。
少し昔のバンドで Chicago というバンドが唄う「Hard to say I`m sorry 」という曲があります。
この曲名をそのまま直訳すれば「ごめんなさいと言えなくて」ってなりますが、日本語のタイトルは「素直になれなくて」となってます。
考えた人凄いですよね!同じ意味でもいくつもの表現方法がある日本語、私も誇りに思います。(^^)
Commented by みぃ at 2011-05-31 12:42 x
図らずも私のブログ記事のタイトルと似ていてうれしくなっちゃいました。
五泉は水芭蕉チューリップ牡丹に芍薬と、きれいなお花がいっぱいでうらやましいです!!次はなんのお花が咲くのかなー?
Commented by sma5004 at 2011-05-31 13:29
みぃさん、こんにちは。

ブログタイトル。見事な連携です。(^^)
みぃさん、五泉の花で大事なのがぬけてますよ〜。村松公園の「桜」です。(^^)
春からずっと何かしらの花が咲いていた五泉ですが、この芍薬で一旦打ち止めかな〜。
6月には新発田のあやめ、加茂の(冬鳥越えスキー場の)バラが綺麗に咲きます。
お近くに来られて時は是非!(^^)v


<< 芍薬の心      芍薬のつぼみ >>