「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:実験( 3 )

2012年 07月 19日
Adobe LightroomとOLYMPUS Viewer 2ってどうよ?
私は普段、Lightroomを使用して現像作業をおこなっている。タダで付属してくるOLYMPUSのOLYMPUS Viewer 2というものがあるにも関わらずなぜLightroomを買ってまで使用するのか?
それはレスポンスの違いだ。

体感的にはレスポンスの違いを「かなり違う」と思っていたが、今回は実際にRAWデータ39枚をまとめて現像したときのタイムを計ってみた。

OLYMPUS Viewer 2 ---------   6分40秒
Lightroom      ---------   2分20秒

約3倍のタイム差がついた。

普段はこのようにまとめて現像処理をおこなうことはない。
例えば100枚撮影したのであればまずは画面で確認する。ピントはあっているか?構図はどうか?現像に値する写真か?と自分フィルターにかけると大体1/10くらいに絞られる。
その10枚を1枚ずつトリミングしたり露光量を調整したりしながら現像するのだ。

そういった際に画像を拡大したりすることはよくあるのだが、ここでもレスポンスに差が出た。
拡大ボタンを押して画面がリロードされキレイに表示されるまでの時間だ。

OLYMPUS Viewer 2 ---------   10秒〜13秒
Lightroom      ---------   3秒〜5秒

ここでも約3倍の差がでた。

1回の差は7秒ほどでも現像するべきか判断するのに1枚につき1回拡大するとしたら100枚では700秒の差になってしまう。積もり積もって大きなストレスになるのだ。

実際に時間を計測することでレスポンスの違いを客観的に再確認できたわけだが、それでは書き出される画像の品質はどうなのかこれも比較してみた。

c0197824_14361961.jpg

c0197824_14372288.jpg



上がOLYMPUS Viewer 2で下がLightroomだ。
両方とも72dpiの横幅1000pixの大きさに変更してある。露光量の調整などいっさいおこなっていない。

これを見る限りOLYMPUS Viewer 2の方が色鮮やかなことがわかる。
ただ、その差はわずかでこれはそれぞれのソフトウェアが基準とする設定の差であるように思える。

次ぎにピクセル等倍の画像を張っておく。

c0197824_1318554.jpg

c0197824_131846100.jpg



同じく上がOLYMPUS Viewer 2で下がLightroomだ。
見る人が見れば違いに気がつくのかもしれないが、残念ながら私には決定的な違いを見つけられない。

ところで今回この実験をおこなって一つ気がついたことがある。
それはカメラ側で撮影の際に仕上がりを「i-FINISH」にしてあるとOLYMPUS Viewer 2では現像の時に自動的に「i-FINISH」が適用されていることだ。

c0197824_131907.jpg

c0197824_1319363.jpg



他のVivitやアートフィルターでの検証はおこなっていないがおそらく同じように適用されるのでは?と思うが、どなたか確かめられた方がいらっしゃったらコメントをお願いしたい。

最後にLightroomで現像の際に露光を少し落とし彩度を少し上げ、周辺減光を掛けて最後にPhotoshopでアンシャープマスクを35%ほどかけたものを張っておく。

c0197824_1319692.jpg



どちらが優れているかの判断は各自にお任せするとして、私は使い慣れたLightroomを手放すことは出来ないな〜。
[PR]

by sma5004 | 2012-07-19 18:17 | 実験 | Comments(8)
2011年 07月 07日
Light room3のノイズ軽減実験
c0197824_20472329.jpg


c0197824_20452326.jpg


写真はクリックで拡大できます。
Light room3のノイズ軽減について実験してみた。
上はISO3200で撮影した等倍拡大の写真。ざらついた粒子が広がり、いかにも高感度で撮影しましたといった写真だ。
下はこの写真をLight room3でノイズ軽減処理をおこなったもの。
一見すると非常に綺麗に補正してくれているが、ドアミラーの下あたりはトーンジャンプをおこしたようなにじみも見える。

c0197824_20595288.jpg

で、ISO100で撮影したのが上の写真だ。

流石に綺麗だがF5.0の1.3秒では手持ちはムリだ。


マニアックな実験なのでこの先に興味のある方は続きをクリックして頂きたい。


c0197824_20532192.gif

続きです
[PR]

by sma5004 | 2011-07-07 21:33 | 実験 | Comments(4)
2011年 05月 22日
八海山の梅酒
c0197824_20203383.jpg
写真はクリックで拡大できます。
今日は南魚沼へ所用で出かけた。
南魚沼といえば清酒「八海山」が有名だが、この酒蔵が梅酒も作っていると聞きお土産に一本買ってみた。
帰って来てから「ブログ用に一枚写真を撮っておくか」とコンデジで撮ってみたのだが手ぶれはするしフラッシュを焚くと変な影が気になってしまう。

「そうだ、こんな時はライトセーバーじゃん!」
(ライトセーバーの詳しいサイトはこちら

c0197824_20203948.jpg

こんな感じでセットして、真っ暗な部屋でカメラを長時間露光にセットしたら露光中このライトセーバーを上下左右に振ってやる。(三脚は10年以上前にビデオカメラについてきた骨董品です。車まで三脚を撮りに行くのがめんどくて。。(^^;)

c0197824_20204763.jpg

私の作ったライトセーバーは100均で買った筆ケースみたいなものをカッターで加工して作った物。
ライトはLEDの強力なヤツで4000円くらいしたかな〜?
見た目は悪いけど実用には問題なし!

で、撮影した写真が1枚目なのだが、あまりに均等に振りすぎて立体感が消えてしまった。orz
どこを重点的に光を当てるかで写真がまったく変わってしまう。
極めればお手軽ライティングセットがこれ一本で出来上がる優れもの。興味のある方は是非!



c0197824_20532192.gif
[PR]

by sma5004 | 2011-05-22 20:38 | 実験 | Comments(6)