<   2012年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2012年 10月 28日
ファンタスティック・イエロー
c0197824_16594275.jpg

写真はクリックで拡大できます。

黄色い花が前後にぼけてファンタジックな雰囲気に包まれた舞台を歩いてくるのは一匹のカマキリ。
これがカマキリじゃなくかわいい少女なんかだったら絵になるんだろうな〜と思いながら撮影しているとカマキリも察したのか、「あ〜?文句があんなら帰ってもいいんだけど」と言わんばかりに睨みつけてきた。

それにしてもミスマッチだよな〜!(^^;
[PR]

by sma5004 | 2012-10-28 17:27 | | Comments(4)
2012年 10月 27日
天使の梯子
c0197824_1556223.jpg

写真はクリックで拡大できます。

ひとけの無い山の中のキャンプ場。
こんな贅沢な朝のショーを見ている観客が私だけというのが何か申し訳なくなる。

※Face bookで遠泳チームメイトのマドンナから「これは天使の梯子ですね」と教えて頂いた。
というわけで早速タイトル変更!(^^)
[PR]

by sma5004 | 2012-10-27 16:01 | 自然 | Comments(6)
2012年 10月 18日
水玉日和
c0197824_14324560.jpg

写真はクリックで拡大できます。

10月14日の日曜日、この日は深夜の星空撮影に始まり、そのまま朝焼けを撮影に福島潟まで移動した。
ひとしきりシャッターを押し、日も昇ったところで帰り支度を始めると足下にキラキラ光るものを発見!
朝露に濡れたクモの巣だった。

先月末に購入した新しいマクロレンズはまだトンボしか撮影していなかったので「こりゃいい被写体を見つけたばい!」とレンズをED 60mm F2.8 Macroに換えて撮影してみた。

下の写真はよく見ると水玉が虹色のグラデーションになっている。

c0197824_1433920.jpg

c0197824_14333430.jpgc0197824_1433383.jpgc0197824_14334442.jpgc0197824_14334788.jpgc0197824_1434888.jpg







































※小さい写真はクリックで大きくなります

正直、このレンズを初めてつけて撮影した写真をPCで見たときは「可もなく不可もなし」と思ったのだが、今回、水玉の写真を撮影してみてその評価は良い方に変わった。
やっぱズイコーはサイコーという親父ギャグを一人でつぶやきながら水玉求めてさまようのが楽しくて仕方がない。

ここからはレンズをSIGMA 150mm F2.8 MACROに換えて撮影した。

c0197824_1437068.jpg

c0197824_14365616.jpg

c0197824_14365296.jpg


すでにカタログ落ちしたこのレンズはOM-Dに付けるとAFが合わない。
ピッと音はするのだがファインダーで見てみるとボケボケなのが判る。
仕方がないのでMFで使うのだが、ファインダー上で14倍まで拡大表示が出来るためピント合わせに苦労することはあまりない。

さて、この2本のマクロレンズで今度は何を撮りましょうかねぇ〜。(^^)

※掲載した写真は一部トリミングをしています
[PR]

by sma5004 | 2012-10-18 17:58 | マクロ | Comments(4)
2012年 10月 17日
Hello 銀河
c0197824_1930461.jpg

写真はクリックで拡大できます。

意識して銀河を見たのはこれが初めてかもしれない。
数え切れないほどの星の中で銀河は頭上を越えて広がっていた。
おそらく何億年もの昔からこの大河はそこにあって名も知らぬご先祖様もひょっとしたらこの光景を見ていたかもしれないと思うと(北島選手ではないが)「なんもいえねぇ」という言葉しか出てこない。

今回、hosioさんから誘いをうけてとっておきの場所に連れて行ってもらったのだが、本当に行ってよかった。

hosioさん、感謝!感謝! 写真の出来は置いておいて、見上げたあの星空は一生忘れません。
[PR]

by sma5004 | 2012-10-17 19:51 | 夜景 | Comments(4)
2012年 10月 15日
夜明け
c0197824_19214011.jpg

写真はクリックで拡大できます。

日曜の朝、ひとしきり星を撮影し帰路につく。
しかしその途中。。「こんなにキレイな星空だったんだから朝焼けも期待できるかも」と考え進路変更。
車を福島潟へと走らせた。

1枚目の写真は潟来亭の手前で手持ち撮影。シャッタースピードは1.6秒。意地でとめてやったぜ〜!(^^)

その後6時を過ぎた頃、山の上から太陽が顔を出した。

c0197824_19351323.jpg


こうなると後は明るくなるだけで写真的にはおいしくない。
まわりのカメラマンはパシャパシャシャッターを切ってたけど、私は別の被写体探してウロウロ。

福島潟の写真は(たぶん)明日に続く。
[PR]

by sma5004 | 2012-10-15 19:36 | 福島潟 | Comments(4)
2012年 10月 14日
Where is the Milky Way?
c0197824_20425125.jpg

写真はクリックで拡大できます。

日曜の朝、いや午前2時は深夜か。。布団を蹴飛ばして寝てしまったため寒さで目がさめた。
トイレに行って窓を開けてみると一面に広がる星空!

「これは神様が与えたもうた銀河撮影チャンスに違いない」

そう確信して慌ただしく身支度し、家を飛び出た。
撮影場所は近くの県立植物園。
真っ暗な園内を懐中電灯を頼りに歩いて行く。

空を見上げれば満天の星空。しかし、度々写真で見てきた銀河は見えない。いや、肉眼では見えないだけでどこかにあるはず。
そこで秘密兵器登場!
スマホアプリのStar Walkだ。
このアプリを起動し、空にかざすとその時間、その方向の星空を表示してくれるのだ。

c0197824_20461165.jpg


もちろん銀河の位置もばっちり!
それによると銀河の端っこがオリオン座左下に出ている。はず。(^^;
とりあえずその方向にカメラを向け、いろいろ設定を変えながらシャッターを何回も切った。

しかし残念ながら銀河は写っていない。(T_T)
確かに銀河の一番明るい部分は地球の裏側に隠れていたのだが、この満天の星空でそのシッポさえも写すことが出来ないなんて。。
ちなみに上の写真は15s f/2.8 ISO6400 14mm で撮影している。
ISOは1600〜12800まで試してみたがどれもそれほど変わらない。

簡単にはいかないものだな。。orz
[PR]

by sma5004 | 2012-10-14 20:50 | 夜景 | Comments(6)
2012年 10月 13日
LOVE&PEACE
c0197824_10514525.jpg

写真はクリックで拡大できます。

まだ数は少ないがハクチョウの湖で知られる阿賀野市の瓢湖に今年も冬の使者がやってきた。
写真は10月13日、今朝撮影したてのほっかほか。

先日、女性宇宙飛行士の山崎直子さんがあるテレビ番組に出演されていた。
その中で彼女は「宇宙から見る地球は、出発前どんなに高いところから見える景色なんだろうと想像していたが、実際に行ってみるとむしろ逆で真っ暗な暗い宇宙に浮かぶ地球を見上げる感じだった」と話されていた。

暗い宇宙の中でたった一つ青く光る星、地球。
未だ地球以外に生命が確認された星は無い。この広大な宇宙の中で地球はあまりにも孤独であり、その存在自体が奇跡でもある。
その奇跡の星、地球に生まれ文明を築いてきた人間達が勝手に線を引いて縄張りを主張し合ったり、黙っていても100年のうちには消滅する命を奪い合ったりしている。

地球が誕生して45億年、それに比較し人の一生はあまりにもはかない。
日本人だの中国人だの韓国人だのという前に、同じ地球人として手を取り合うことは出来ないのだろうか?

白鳥の首にできたハートマークを見つめながらそんなことを考えたのだよ。
[PR]

by sma5004 | 2012-10-13 11:25 | | Comments(4)
2012年 10月 11日
会津の夜は眠らない
c0197824_20361190.jpg

写真はクリックで拡大できます。

籠太を後にしようと立ち上がった時、やはり籠太を出ようとするカップルがいた。
支払いをしている間にそのカップルは先に出て行ってしまったのだが、表に出てみたらtonoさんがそのカップルを呼び止め路上で撮影をしているではないか!
どうやら「一杯おごるから撮らせて」とお願いしたようだ。

なんたる行動力! 私の方がちょびっと若いのだがtonoさんにはかなわんな。(^^;;

ひとしきり(女性の方ばかりを)撮影した後、籠太の向かいにあるNORTH LANDというショットバーへそのカップル共々なだれ込んだ。
このお店は年老いたご夫婦二人でやっておられるので、こちらも変に身構えることもなくすんなりとその店の空気に身をゆだねることが出来る。

c0197824_20364713.jpg

c0197824_20441834.jpg
c0197824_20442558.jpg






あのソルティドッグは美味かったな〜。
籠太からの〜NORTH LAND。アリだと思います!(^^)
[PR]

by sma5004 | 2012-10-11 20:49 | 籠太 | Comments(4)
2012年 10月 10日
籠太の夜
c0197824_21415296.jpg

写真はクリックで拡大できます。

今回、tonoさんと合流したのにはもちろん一緒に撮影を楽しむということもあったが、以前からtonoさんのブログで度々見ていた会津の「籠太」という居酒屋へ呑みに行くということも楽しみの一つだった。
旨そうな肴にキラキラ光る冷酒の数々!
tonoさんに連れていってもらったから言うわけではないが、私の中で籠太はキングオブベスト居酒屋となった。

その様子は続きをどうぞ。 あ、未成年者は立入禁止ですから〜。(^^;

続きはこちら
[PR]

by sma5004 | 2012-10-10 22:01 | 籠太 | Comments(2)
2012年 10月 09日
福島潟の野鳥たち
c0197824_15234971.jpg

写真はクリックで拡大できます。

今朝、会社の駐車場について外に出ると「クークー」という鳴き声と共に白い鳥が15羽ほど編隊を組んで飛び去っていった。
そう、ハクチョウが今年もやってきたのだ。
新潟県にはいくつものハクチョウ越冬地があるが、飛来する白鳥はまず最初に阿賀野市の瓢湖へ降り立ち、それから数日して他の場所に移動するそうだ。
ハクチョウがやって来るということは冬が近いという証拠でもある。9月末に今年の最高気温を記録するなど今年の夏は異常に長かったわけだが、そのおかげで秋は駆け足で過ぎ去っていきそうだ。

サンマと栗は食った。後は新米と新蕎麦だな。(^^)

※写真のシロサギは文章とはあまり関係ありませんが、一応白い鳥で福島潟にいるってことでまったく無関係というわけでもありません。(^^;;
[PR]

by sma5004 | 2012-10-09 18:34 | | Comments(4)